HOME > WORKS > あまつぶ内科クリニック





あまつぶ内科クリニック

この計画は、大学総合病院を退職した先生が独立開院されると言うお話からはじまりました。
敷地は交通量が多い道路に面して、周辺は住宅地で商業施設が多く生活の便が良い地域です。
元々駐車場でしたが、この地域でこれだけの広さの土地が
これまでによく残っていたなと思う素敵な土地に巡り会えました。
敷地の形状、ロードサイド店が建ち並ぶロケーションであることから、
自ずと道路から直ぐに入った建物の配置が決まりました。
なんと言っても「あまつぶ」のサインも、
周辺の雑多な町並みに埋もれないようにするためのデザインとして最初から固まりました。
内部に入ると、印象的な大開口と吹抜の開放的でありつつも妙な気持ち良さがある空間が迎えてくれます。
また、一般的なクリニックと比較すると間仕切壁を極力抑えた「ひとつ屋根の下」をテーマに、
患者の方と先生スタッフとのあの緊張を解く距離感をつくっています。
機能面では、患者の方の居心地、先生スタッフの動きを考えた無駄のない動線になっています。
今クリニックでは、たくさんの笑いと笑顔が溢れています。
これから地域のみなさんに愛されて必要とされるクリニックになっていかれると思います。


富山市
鉄骨造2階建て
クリニック

01.png02.png03.png04.png05.png06.png07.png

クリックすると拡大します。